どのカードローンがいいの?カードローン比較のコツについて

どのカードローンがいいのか分からないという人にカードローン比較のコツについて分かりやすく紹介しています。

利息制限法と出資法について

消費者金融業者で最も有名なのがカードローンのサービスを提供している会社です。

昔はサラ金などと呼ばれ、利用したが最後、借金地獄に陥るというリスクがありました。

みなさんも督促にくるお兄さんなどが、ヤクザのような取り立てをするという悪しきイメージがあるのではないでしょうか。

過去は消費者金融業者のような貸金業者は、出資法という法律の範囲内でお金を貸すことができました。

出資法の金利は年利で30パーセント近くの金利を課していまいた。

利用する消費者にとっては、金利負担分だけでとても大変な状態でした。


そこで、国が消費者金融業者(カードローン会社)に対しての法的規制として、利息制限法という法律を定めて金利を安くするように対処しました。

安いといっても、上限金利で18%程度です。

決して安くはないのですが、消費者にとっては、カードローン会社を利用する敷居が低くなりました。

過去から現在に至るまで借金をしているような人は、過去の出資法の金利で返済していた金額を今の利息制限法に置きなおすことができます。

支払すぎた金利分について返還を受けることもできます。

それが過払い請求手続きと言います。

テレビのCMなどで、過払い請求という言葉を最近よく聞くのではないでしょうか?

多くの消費者がサラ金を利用して、多額の金利を負担していたということの証拠です。

借金が多く債務整理をしなければならないような状態になった場合に、最初にとる手段が過払い請求ということになります。

多額の返還分があれば、債務を圧縮することができるのです。